温泉めぐりと神話への旅 
by sinanoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ごあいさつ
浦河の神社
神社紀行
うらかわ いろいろ
つれづれ

ふるさと信州

素敵なお店
60歳代のPC塾
馬 牧場
おやじのたわごと
花 木 自然
菜園日誌
LIVE
未分類
未分類
以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
フォロー中のブログ
++ うららの里のブログ ++
うまきちの『勝手にかわら版』
==  リンク集  ==
最新のトラックバック
環境 リンク集
from 環境 リンク集
感謝をこめてプレゼント
from 無料プレゼントいたします。
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
旅のお供に!
from 観光総合ガイド
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
スキーとスノーボードの情..
from 雪山小僧♪
紅葉映える 天馬街道
from ++ うららの里の 地域情報..
競馬は文化だ。シリーズ3
from うまきちの『勝手にかわら版』
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
春のいぶき 3題
  ふきのとう
 浦河、望洋の杜まだ雪が残っていますが、南向きの土手、枯れた雑草にかくれるように、顔を出した春の使者ふきのとう、一番早くでる山菜です。
e0104596_21593313.jpg

 冬眠からさめた熊が最初にたべるのが、ふきのとうだとか、体お整える効果があるそうです。

ふきのとう の苦味はアルカロイドという成分で肝機能を強化し、疲労回復をたすけ、脂肪や老廃物体のそとに出してくれる、働きがあり、春にふきのとう を食べると冬の間にためこんだ脂肪を排出できるという、人間にとってありがたいものです。

 北海道ではあまり食べられていない ふきのとう ですが東北や信州での定番、「ふきのとう味噌」の作り方。

 ふきのとうはあまりひらいていないものを選び、熱湯でサットゆでます、ゆでると香りが飛びますので、私は生のまま使います、ゆでたふきのとうは水にさらし一晩おきます、

よく絞ってみじんぎりにします、フライパンにサラダ油をひきみじんぎりにしたふきのとう入れ、さっといため、みそ 酒 砂糖を加えいためます。

独特の香りと、ほろ苦さが春の味です。
保存食で瓶に入れ、冷蔵庫で保存すると2ケ月はもちます、せっかくの春一番の山菜、試してみてください。

  ネコヤナギ
 真っ白な花穂をひらいて、寒風に耐えながら春の訪れを待ちわびています、浦河町昌平町でみつけました。
e0104596_22394395.jpg
 

  柏の芽
 寒風にさらされながらも、木の芽がふくらんできました、春を待ちわびている風情ですね。
e0104596_22433349.jpg

  望洋の杜で
[PR]
by sinanoo | 2008-02-08 22:45 | つれづれ
<< 冬の風物詩 チカ釣り 凍てつく浦河海岸 >>