温泉めぐりと神話への旅 
by sinanoo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
浦河の神社
神社紀行
うらかわ いろいろ
つれづれ

ふるさと信州

素敵なお店
60歳代のPC塾
馬 牧場
おやじのたわごと
花 木 自然
菜園日誌
LIVE
未分類
未分類
以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
フォロー中のブログ
++ うららの里のブログ ++
うまきちの『勝手にかわら版』
==  リンク集  ==
最新のトラックバック
環境 リンク集
from 環境 リンク集
感謝をこめてプレゼント
from 無料プレゼントいたします。
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
旅のお供に!
from 観光総合ガイド
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
スキーとスノーボードの情..
from 雪山小僧♪
紅葉映える 天馬街道
from ++ うららの里の 地域情報..
競馬は文化だ。シリーズ3
from うまきちの『勝手にかわら版』
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
はぐれ仔鹿
浦河東町の山あいから流れる小川の淵で、親からはぐれたのでしょうか仔鹿が1頭、草を食んでいました。
近くに群れの姿もなく、近寄っても逃げようともせずじっとこちらを見つめていました。

e0104596_1653257.jpg
e0104596_16534119.jpg
このところ厄介者あつかいにされているエゾシカですが、近くで見る仔鹿はビー玉のような瞳とそれにピンとたてた大きな耳等愛嬌のある顔をしていますね。
[PR]
# by sinanoo | 2010-10-05 07:38 | つれづれ
秋の夕焼け
澄み切った秋の空。 西の空全体がピンク色に染まり、街並みまでもがその中にはめ込まれました。

e0104596_16111450.jpg
e0104596_16115788.jpg
これからの秋の夕焼けはファンタジックなグロウ サンセットです。
[PR]
# by sinanoo | 2010-10-02 20:55 | つれづれ
秋 すすき(芒)の穂
きびしい残暑が続いていましたが、このところ朝夕の気温が下がり秋の気配を感じます。

今日22日は中秋の名月だとか、すすきの先にまんまるいお月様が輝いてみえます。

e0104596_20431896.jpg

西舎から上杵臼に通ずる天馬街道にもすすきの群落が目立ちはじめました。
秋はそこまできています。
[PR]
# by sinanoo | 2010-09-22 20:49 | つれづれ
浦河神社例大祭
浦河神社の例大祭が18日~20日の3日間行なわれました。

e0104596_16325184.jpg
今年は祭の賑わいをさらに盛り上げようと露店も昨年より多い15店が並び、参詣に訪れた親子ずれなどで賑わいをみせていました。

  浦河神社神輿渡御
e0104596_1639105.jpg

  神輿は社殿で神魂を入魂する神事が執り行われ、190の石段を担ぎ降ろして車にのせて神社を10時に出て神話で語られる天孫降臨のさい、ニニギノミコトを出迎えて道案内をしたという、異様ないでたちをした猿田彦を先頭に堺町から向別、大通を経て東町、常盤町と5時間かけて渡御し、神が氏子の暮らしを見て歩きました。

  渡御行列e0104596_17398.jpg
稚児行列 少子化流れで途絶えていた稚児行列が10数年ぶりに復活しました。
フレンド幼稚園の可愛い園児24人が着慣れない衣装に身を包み小さな烏帽子を頭にのせて、渡御行列の先頭を1.5キロを沿道の声援を受けて歩きました。

みんな疲れたようです。お疲れさまでした。

e0104596_17314636.jpg

e0104596_1732279.jpg
e0104596_1733736.jpg
e0104596_17335030.jpg
e0104596_17362787.jpg
e0104596_1838185.jpg
行列の最後に子供みこしが元気一杯です。
 旅どころ
e0104596_17375885.jpg
4丁目自治会館のまえに祭壇を設け4丁目商店街の会員が待ち受け、神官が祝詞をあげて商売繁盛を祈願しました。
  海上渡御
午後3時、浦河港漁組前の埠頭についた神輿は。50数年ぶりの海上渡御をみようと集まった町民200人に見守られながら、町内のみこし会「粋麗」の手によって丸十漁業所属の「第16龍光丸」に移されて三協水産所属の「漁吉丸」と共に湾内を30分かけて3周し豊漁と安全を祈願しました。
e0104596_185470.jpg
e0104596_1853998.jpg
e0104596_1861925.jpg

浦河郷土博物館所蔵の昭和30年ごろの海上渡御の写真には神輿と共に神官、総代、氏子も同乗しています。
今回は海上保安庁が海難事故を懸念して神輿と乗組員以外の乗船を認めなかったそうです。
神官は神輿に宿る神の声を伝える大切な役目があり、神官がつきそはない渡御は神事とは言えないのではないでしょうか。
  粋麗 神輿
よる6時から「粋麗」のメンバー100人による神輿が大通を練り歩き祭りは最高潮に達しました。
e0104596_18293319.jpg

e0104596_1830292.jpg

e0104596_1831473.jpg

浜町通りでは大通と堺町の山車、粋麗の神輿が合流して歌、餅蒔き。振舞い酒と通りを埋めつくした町民は祭を堪能していました。

祭が終わると浦河は秋です。  
[PR]
# by sinanoo | 2010-09-21 20:23 | うらかわ いろいろ
実りの秋 はさ掛け(稲架掛け)
浦河西舎の数少ない稲田の刈り入れが始まり、あまり目にすることが出来なくなった「はさ掛け」が姿をあらわしました。

機械化がすすみ、稲を乾燥させることなくコンバインで根元から刈り取りとって籾だけをとりだしますが、ここでは1反歩の稲田を小型の稲刈り機が回転出来るように稲田の四方を手作業で刈りとり、中央部を機械で刈りとり、小束に束ねて組み上げた稲架にはさ掛けし天日で乾燥したあと脱穀して籾にします。e0104596_19322562.jpg
e0104596_19334546.jpg
e0104596_19342287.jpg

はさ掛けにすることで稲藁をとることことがでこます。
この稲藁はいまでは手に入れることが困難になってきています。

馬産地の浦河では以前は馬房には寝藁として使われていましたが、いまでは牧草に変わっています。
農作業でも乾燥を防ぐためや雑草避けに使われ、土に返る素材として重宝されてきていましたが一般にはホームセンターなどでしか入手できなくなっています。

 稲作 稲藁についての思い出
私の生家は信州の片田舎で自家米として100坪前後の棚田3枚で稲作をしていました。
5月の初めに苗代を作り、苗を育てます。田んぼを起こして水を入れ牛を使って代かきをして、家族や近所の人手をかりて一本々苗を植えつけます。

稲が生育してくると大変なのが除草で素足で水を張った水田に入り稲の葉で目を突かないように細かい金網を張った面をかぶり、這いつくばって稲と稲の間を手で除草します。

秋の刈り入れはギザギザのついた鎌で一株々刈りとり小束に束ねて稲架にはさ掛けして天日で乾燥させます。
乾燥させたのちに足踏みの脱穀機で実をおとして唐蓑(とうみ)で籾だけをより分けてさらに乾燥させて保管し、必要な量だけ精米してたべていました。

e0104596_20332555.jpg
  足踏み脱穀機
生家に保管されています。
わたしの生まれる前からのもののようで、80年以上前のものかもしれませんが懐かしさの反面、辛かった農作業を思い出します。

e0104596_20511038.jpg
 唐箕(とうみ)
脱穀した籾を上からいれて手回しで空気を送りこみ藁くずなどな軽いもの吹き飛ばして籾だけを取り出す機械です。


 稲藁(いなわら)
稲藁は農家の冬場の仕事の材料でした。
雪が降り農作業が休みになると稲藁で敷物にする(ござ)、滑り止めに使う(むしろ)米を入れる(俵)縄などいろいろなものを作っていました。

わたしも小学生の頃から正月の注連飾り、いまでは民芸品扱いの藁草履、山仕事に使うわらじなどは木槌で藁を叩いて柔らかくし、足の寸法に合わせて何足も作ったものです。

素足ではいても温かみのある藁草履、齢を重ねたせいか奇妙に懐かしさをおぼえます。
[PR]
# by sinanoo | 2010-09-16 20:32 | うらかわ いろいろ
菜園直売所を開設しました
今年からはじめたハウス栽培の成果でしょうか、予想を超える収穫で供給過多になりました。

近年生産者が直売所を開いたり、コンビニ、生協が野菜売り場に「ごきんじょ野菜」のコーナーを設けて生産者の顔の見える野菜を置くようになり、消費者の安心野菜えの需要が高まってきています。

それにあやかって当菜園でも大通5丁目の国道に面した露地に机一つの「ワンコイン野菜」一袋100円の無人の直売所を開きました。

e0104596_11392376.jpg
運営は知人に委託して「火・水・木」の3日間で屋根がないので雨降りの日はお休み、カラスのいたずらを防ぐため野菜はダンボール箱に入っています。(店の形態はなしていませんが)

野菜の種類が少なく、野菜の生育によって販売数も安定しなということもありますが、量は他店に比べて30%ぐらい増量しているそうです。

一番の売りは「無農薬野菜」です。
[PR]
# by sinanoo | 2010-09-08 20:58 | 菜園日誌
トウキビ全滅
茹でてもよし、生食でも美味しいフルーツ系のトウキビ「バニラッシュ」を今年試験的に栽培しました。
順調に生育し収穫予定の前日にカラスの軍団の餌食になりました。

e0104596_221042.jpg
e0104596_2214264.jpg
近くの畑のトウキビには目もくれずに甘いバニラッシュだけを狙ったようです。

カラスを目撃して連絡してくれた人によると、数十羽のカラスがいたそうです。

翌日の畑は60本ぐらいあったトウキビの無残な姿でした。
残ったのは僅か4本で、カラスのお情けでしょうか。

カラスを甘く見て、カラス対策を取らなかった私の失敗ですね。
でも昨年までは被害がながったのですから。
[PR]
# by sinanoo | 2010-09-06 21:44 | 菜園日誌
10"日高山脈菜園 作男日誌(6)ミニトマト アイコ
今年立ち上げたハウスで栽培を始めたプラム形のミニトマトアイコの収穫がやっと本格化しました。

苗造りの遅れで出遅れましたが、ここに来て収穫も順調です。収穫は10月上旬まで続きます。

e0104596_2233814.jpg
e0104596_2234758.jpg
5年位前から栽培が始まったアイコ、その魅力は味の良さ、パリットした食感の良さと果肉の厚さ、後味の良い爽やかな甘味が売りものです。

加熱調理しても色や味は変わらず生食と両方に使える利点があります。

菜園のある上杵臼は標高150メートルで今年海岸沿いで連日発生したガスの影響も受けずに日照も充分で、日中と朝夕の気温の差が10℃を越えるために甘味は抜群です。

e0104596_22565181.jpg
当菜園のアイコを使ったトマトみそソースで「鮮魚と夏野菜のタジン鍋」が大通5丁目の「お料理松山」で「日高路 うまいもの味くらべキャンペーン」メニューとして提供されています。
[PR]
# by sinanoo | 2010-08-31 22:21 | 菜園日誌
管の音のシャワーを浴びてきました。
日高管内の吹奏楽の団体が演奏技術の向上と親睦交流を図ることを目的とし、一堂に会して開かれている「吹奏楽祭」が浦河町総合文化会館で開催されました。

今年は中学校8団体、社会人3団体、中学校と社会人の合同1団体それに富川、静内、浦河、様似各高校合同のバンドの13団体が演奏しました。

e0104596_23161996.jpg
e0104596_23164065.jpg
学生の頃ブラスバンドでクラリネットを吹いていた私にとっては、楽しみにしている演奏会です。
小編成バンド、中編成のバンドとさまざまですが、それぞれの音の響きに聴き惚れました。

最近テレビ放送で吹奏楽部の活動が紹介され、ひたむきに音楽と向き合う姿が感動を与え、吹奏楽に関心が集まっています。

e0104596_2329257.jpg
e0104596_23293092.jpg
富川、静内、浦河、様似の4高校、90人の大編成でJ.バーンズ作曲「アパラチアン 序曲」とおなじみのアンジェラ アキ作曲の「手紙」を合唱付きで迫力のある素晴らしい演奏を聴き感動しました。

会場は盛り上がり、アンコールを促す拍手が止まらず、「手紙」を再度演奏してくれました。

来年の演奏会を心待ちにしています。
[PR]
# by sinanoo | 2010-08-29 22:51 | LIVE
イカがやっと来た
浦河港の夏イカ漁がやっと始まりました。e0104596_2203142.jpg
夏イカ漁は例年7月中旬からはじまり、8月のお盆前までには外来船が集まり浜は大きく賑わいますが、今年は海水温が高くその影響でイカが回遊せず水揚げはまったくありませんでした。

お盆にはいった14日地元のイカ船が今年はじめてのまとまったイカを水揚げし、お盆が過ぎた17日にようやく発泡箱、加工用の木箱合わせて130箱を水揚げして、好転のきざしが見えてきました。

翌18日には浦河港でのイカ漁の好転の情報を受けて、青森、函館、山形などから外来船が集まり3000箱を水揚げして遅れていた夏イカ漁がスタートしました。

e0104596_22238100.jpg





集結したイカ船

e0104596_2228346.jpg
e0104596_2230874.jpg
e0104596_22305712.jpg




積み上げられた発泡箱

今日20日、港には40隻をこす外来船が7時のセリにむけて水揚げをし、やっと港も活気ずいてきました。

夏イカ漁の出遅れは町の経済にも影響を与えています。
外来船が利用する食料品店、飲食店、重油など燃料を供給する燃料店など多岐にわたります。

港で水揚げされたばかりの新鮮なイカを献立の柱にしていた飲食店も好転したイカ漁に安堵しています。

これからも水揚げが順調ですと外来船がさらに集まり、浜は活気ずきいままでの遅れを取り戻せるでしょう。
[PR]
# by sinanoo | 2010-08-20 22:55 | うらかわ いろいろ