温泉めぐりと神話への旅 
by sinanoo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
浦河の神社
神社紀行
うらかわ いろいろ
つれづれ

ふるさと信州

素敵なお店
60歳代のPC塾
馬 牧場
おやじのたわごと
花 木 自然
菜園日誌
LIVE
未分類
未分類
以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
フォロー中のブログ
++ うららの里のブログ ++
うまきちの『勝手にかわら版』
==  リンク集  ==
最新のトラックバック
環境 リンク集
from 環境 リンク集
感謝をこめてプレゼント
from 無料プレゼントいたします。
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
旅のお供に!
from 観光総合ガイド
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
スキーとスノーボードの情..
from 雪山小僧♪
紅葉映える 天馬街道
from ++ うららの里の 地域情報..
競馬は文化だ。シリーズ3
from うまきちの『勝手にかわら版』
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
晩成温泉 わらびの里
誘われて、十勝大樹町 晩成温泉を訪ねてきました、
帯広から車で60分、大樹町市街地から20分、雄大な十勝平野の太平洋に面した町営の温泉施設です、e0104596_1561218.jpg

11頃着いたのですが、たくさんの入浴客、いま農閑期ということもあるのでしょうか、近郷の人達の憩いの場、語らいの場、そんな雰囲気がかんじられる温泉です、浴場からは眼下に太平洋が広がり、眺めは最高です、

ひとふろ浴びてから、畳敷きの休憩所で一休み、横になってからだを休めたり、持ってきたお弁当をたべながら、話がはずんでいました、

温泉は、泉温18度ナトリュム塩化物冷鉱泉で、高濃度のヨードが含まれており、すこし茶色ががった泉質です、e0104596_1564532.jpg

大樹町は、山菜の王、わらびが群生するところで有名で、シーズンになると多くの人がわらび採りに訪れます、今年は暖冬で雪がすくなく、昨年のわらびの枯れ枝が、あちこちにみられます、
わらび は5~6月がシーズンですがその時期は青草や小枝が一面に生茂り、探すのが大変です、
わらび は多年性なので、いまの時期に群生した昨年のわらびの枯れ枝をみつけて、今年のわらび 採りに備えようと野山を歩きまわってきました、ありました、ありました、枯れ枝の下で息をひそめてじっと初夏を待つわらびが、
場所を覚えてきました、今年はたくさん採れるでしょう、
同行者の一言  {どうかなぁーその時期になれば、十勝はみな同じ景色になるさ、}
[PR]
# by sinanoo | 2007-02-12 13:48 | つれづれ
ちいさな春みーつけた
日当たりのいい土手に、ふきのとう、が顔をだしていました、
例年ならこの時期まだ雪の下、地面から頭もだしていないでしょうに、暖かい日が続いたせいですね、

ふきのとう、は春を伝える1番手です、

ふきのとう、美味しいんですよ、葉が開らかないうちに摘みとり、水洗いして葉をばらし、一晩かけてアクを抜きサラダ油でいため、味噌と砂糖で味付けして出来上がりです、春の香りとほろ苦さが賞味できます、てんぷらにしても香りが楽しめます、
 
 ふるさと信州では、ふきのとうの葉をきざんで味噌とまぜ、手のひらぐらいに、ひらべったくのばし網にのせ炭火で両面を焼き、ご飯にのせて食べます、口一杯に香りが広がり、ほろ苦さのなかに、春を感じたものです。
e0104596_16492340.jpg

[PR]
# by sinanoo | 2007-02-06 16:12 | つれづれ
URAKAWA SYMPHONIC BAND FESTIVAL
e0104596_1750312.jpg
2月4日楽しみにしていた、SYMPHONIC BAND FESTIVALを聴いてきました、
吹奏楽、ブラスバンドといえば、運動会やスポーツ関連の集まり演奏される、マーチ 行進曲のイメージが強いのですが、どうして、すばらしい演奏会でした、
 
e0104596_17514929.jpg1部では、荻伏中学校、浦河第一中学校、浦河高等学校、日胆地区でも数すくない、浦河町民吹奏楽団の演奏、 各校3年生が部活から離れ、1,2年生のみの小編成でしたが、それぞれすばらしいサウンドをきかせてくれました、

吹奏楽のための楽曲がたくさん創られているのには、びっくりしました、

2部で100人ちかい演奏者がステージをうめつくし,合同演奏は圧巻でした、ビゼーのカルメン組曲は管弦楽のための曲で、弦が奏でる繊細な音を金管楽器が、見事に演奏し吹奏楽の新しいサウンドをたのしめました、

わたしは、パーカッションに興味があり、合同演奏の<宝島>でステージの左端で演奏者が、忙しそうに入れ替わり、立ち代り色々なパーカッションを演奏している姿を見て、ニヤリ、サウンドとは別な楽しさをかんじました、

第一中学校の<学園天国>でのパホーマンス、 合同演奏の<宝島>でのパホーマンスは元旦恒例のウイーンフィルの新春コンサートのアンコール曲 ステージと観客が一体となって楽しむ、<ラデッキー行進曲>をおもいうかべ感動しました。

これからも素敵なサウンドを、 楽しみにしています。 
[PR]
# by sinanoo | 2007-02-05 16:27 | つれづれ
信濃の国
ふるさと信州をはなれて何年になりますか、
ふるさとも心のなかで遠くになった、1998年長野冬季オリンピックの開会式、日本選手団の入場行進にながされた、信濃の国、ふるさとへの想いがこみあげてきました、

北海道の片田舎、私の店のカウンター越しでの会話
  どちらのご出身
    信州 小諸
  私は上田ですよ、なつかしい、ここで信州の方に会えるなんて

  知ってます
    知ってますよ
  歌いましょうか
    まわりに恥ずかしいから、小さな声でね

信濃の国 信州人なら誰でも歌える、いや、この歌を歌えなければ信州人ではない、などと誇張されるぐらい県民になじんだ歌です、
1900年に作られ県民に歌われていて、1968年県歌に制定されました。

6番まである長い曲で、長野県の山河、産業、名勝旧跡、信州出身の著名人、旭将軍義仲、佐久間象山などもうたうたいこまれています、
 小、中、高の運動会、学芸会、人が集まるところで必ず歌われるので、いつのまにか耳になじんでしまったのでしょう、長野県の公式セレモニーでかならずながされているそうです、
信州大学付属小学校の校歌になっています、

信州は八ヶ岳をはさんで、長野市を中心にした北信と、松本市を中心にした南信の二つにわかれ、気候風土、文化、経済圏とも異なっています、
 明治のはじめに、長野市を中心にした長野県と、松本市を中心にした筑摩県が合併したもので、以降北信、南信の地域対立がつづき、いくどか分県運動がおき、1948年長野県議会で分県案が可決されそうになったとき、傍聴席と議会場を取り囲んだ数千の県民から 信濃の国 の大合唱がわきあがり、分県が阻止されたそうです、
 しかしいまだに、南北のわだかまりはある、ときいています、

信濃の国は、 北信と南信を1つの県{信州、信濃}としてまとめてゆく、力をもった歌なのでしょうか、 つまり地域ナショナリズムの根元かもしれません。


  歌詞
     
<信濃の国>              作詞 朝井きよし/作曲北村季春晴


 1.   信濃の国は十州{じっしゅう}に境連なる国にして
      そびゆる山は いや高く 流るる川は いや遠し
      松本 伊那 佐久 善光寺 四つの平{たいら}は肥沃{ひよく}の地
      海こそなけれ 物さわに 万{よろず}足{た}らわぬ事ぞなき

 2.   四方{よも}にそびゆる山山は 御嶽 乗鞍 駒ケ岳
      浅間は殊に活火山 いずれも国の鎮めなり
      流れ淀まず ゆく水は 北に犀川 千曲川
      南に木曽川 天竜川 これまた国の固めなり

 3.   木曽の谷には真木茂り 諏訪の湖{うみ}には魚{うお}多し
      民のかせぎも豊にて 五穀の実らぬ里やある
      しかのみならず桑とりて 蚕飼{こがい}いの業の打ちひらけ
      細きよすがも軽{かろ}からぬ 国の命を繋{つな}ぐなり

 4.   尋ねまほしき園原や 旅のやどりの寝覚の床
      木曽の桟{かけはし} かけし世も こころしてゆけ久米路橋
      くる人多き筑摩{つかま}の湯 月の名に立つ姥捨山
      しるき名所と風雅士{みやびお}が 詩歌詠みてぞ伝えたる

 5.   旭将軍義仲も 仁科の五郎信盛も
      春台太宰先生も 象山{ぞうざん}佐久間先生も
      皆この国の人にして 文武の誉れたぐいなく
      山とそびえて世に仰ぎ 川と流れて名は尽きず

 6.   吾妻はやとし 日本武{やまとたけ}嘆き給いし碓氷山
      穿つ隧道{トンネル}二十六 夢にもこゆる気車の道
      みち一筋に学びなば 昔の人にや劣るべき
      古来山河の秀でたる 国は偉人のある習い

 文語体で ちいさいころはあまり歌詞の意味もわからず、うたっていたんですね、
   
  信濃の国を検索すると2000あまりでてきます、
  SBC信越放送 http://sbc21.co.jp/shinano/でメロデーがきけます  
[PR]
# by sinanoo | 2007-01-29 18:37 | ふるさと信州
どんどやき
e0104596_1902287.jpg
浦河でも どんど焼があるときいて、小正月の14日浦河神社に行ってきました、

 どんど焼、関東や関西地方ではどんどん焼きとも呼ばれていますが、
私のふるさと信州上田では、小正月の15日、去年の神棚飾り、破魔矢、正月飾りを
円錐形に組んだ竹の下に積み上げ、夕暮れに火をつけます、

去年1年間が無事過ごせたことえの感謝と、今年1年の五穀豊穣、無病息災を
祈るもので、火を神聖なものとあがめ、焼くことによって神仏を供養するという意味もあるようです、かきぞめを火にくべ、火の勢いで高く舞い上がれば上がるほど、
習字がうまくまるとかで、一喜一憂しものです、
 残り火で、米の粉でつくった直径1寸ぐらいの赤と白の繭玉を、柳のえだにさし焼いて食べると、風邪をひかないという言い伝えで、どんど焼きは今でも地域の伝統行事として、続いています、 繭玉は養蚕がさかんだったころの祈りのなごりでしょう。

浦河神社のどんど焼、ちょっと違うな、
神社の関係者におききしたら、松がとれる8日から15日に正月飾りを境内に持ってきてもらい、
随時焼いているとか、神仏物は火で燃やして供養する、とゆうことで納得がゆきました。
 街の長老にお聞きしましたら、歴史の違いかな。



 
[PR]
# by sinanoo | 2007-01-15 18:49 | うらかわ いろいろ
浦河神社 騎馬参拝
e0104596_1302763.jpg
浦河に移り住んで23年、念願かないはじめて騎馬参拝をみにゆきました。
報道写真では、みていましたが、石段を駆け上がる勇壮な馬の姿は、
迫力のあるものですね。

 でも馬も騎手も大変、ポニーは軽量のせいか軽快に駆け上がりましたが、サラブレット
は息を切らしての駆け上がりです、

神社の社のまえで馬上から賽銭をなげいれる姿は、さまざま、

<行きはよいよい、帰りは怖い>石段をおりるのが大変ですね、
怖がっておりるのをためらう馬、足を踏みはずす馬、騎手を振り落とす馬、
観客もはらはらのしどうし、でも無事石段をおりきり、観客一同拍手喝采でした。
e0104596_131438.jpg

 裏方の実行委員の方々も大変、観客の整理、馬の世話、はては乗り手と馬とのタイミング
をはかったり、可愛かったのは小学生の低学年とおもわれる女の子が、ほうきと
ちりとりを持って、馬の糞をはきとっていたこと、来年ぐらいにはポニーにまたがって
颯爽と石段をかけあがるんでしょうね。
[PR]
# by sinanoo | 2007-01-05 09:31 | うらかわ いろいろ
放っておくとノートPCの電源が落ちる
文章作成の途中で中座、戻ってみると電源が落ち、文章が消えていた。

対策  デスプレィのなにもないところで、マウス右クリック、
アクテブディスクトップからデスプレィのカスタマズを押す、
スクリーンセイバーのラベルを押す、
下部にモニターの省電力機能の枠がある、右下の電源ボタンを押す、
電源に接続している時のモニターの電源は、適当な時間に切るように設定、
ハードデスクの電源は、なし、システムスタンバイも なし、にする、
右下の適用ボタンを押して、OKを押し、更にもう1つのOKを押す。

これで大丈夫、心配なし。
[PR]
# by sinanoo | 2006-11-29 16:44 | 60歳代のPC塾
ラーメンや23年やっと廃業
23年長いようであっというま、65歳になってやっと定年、
生まれは信州、東京、函館、札幌、浦河と流れ流れて
やっとついの棲家か、

旅が好き、温泉が好き、酒蔵まわりが好き、
それに、古代史の大ファン。

神話の旅をつづけます。
[PR]
# by sinanoo | 2006-11-28 20:35 | ごあいさつ