温泉めぐりと神話への旅 
by sinanoo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
カテゴリ
全体
ごあいさつ
浦河の神社
神社紀行
うらかわ いろいろ
つれづれ

ふるさと信州

素敵なお店
60歳代のPC塾
馬 牧場
おやじのたわごと
花 木 自然
菜園日誌
LIVE
未分類
未分類
以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
フォロー中のブログ
++ うららの里のブログ ++
うまきちの『勝手にかわら版』
==  リンク集  ==
最新のトラックバック
環境 リンク集
from 環境 リンク集
感謝をこめてプレゼント
from 無料プレゼントいたします。
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
旅のお供に!
from 観光総合ガイド
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
スキーとスノーボードの情..
from 雪山小僧♪
紅葉映える 天馬街道
from ++ うららの里の 地域情報..
競馬は文化だ。シリーズ3
from うまきちの『勝手にかわら版』
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
雪にうもれた福寿草
e0104596_15524622.jpg
e0104596_15523022.jpg

 心配していたとうり、やっぱり降りました、湿った重い雪が15㌢も。

例年より早く咲いた福寿草が心配で、様子を見に行ってきました、すっぽり雪に埋もれていました、そっと雪をとりのぞくと、花びらがしぼんで凍っていました、雪のあと冷え込みがつづいたせいでしょうか。

 もう3月、日中の日差しが強くなってくるので、また花びらをいっぱいに広げてくれるでしょう、

ガンバッテ福寿草。
[PR]
by sinanoo | 2008-02-29 16:09 | つれづれ
インド洋「無料給油所」再開
e0104596_17543095.jpg

     写真  北海道新聞より  
 
 旧テロ特措法の失効で昨年11月から中断していた無料給油所が4ヵ月ぶりに再開され、アラビヤ海でパキスタンの駆逐艦への海上補給が公開されました。

 補給艦「おうみ」護衛艦「むらさめ」の2隻、340人の隊員が乗り組んでいます。

政府は給油相手国とテロ対策海上阻止活動に使途にがぎる、と交換公文をむすんでいますが、実際には日本側には調査権限はなく、アメリカも日本の調査を拒否しているから、信頼関係でしかないわけです。

 6年間で570億を投じてもなお、国民より「アメリカ有志連合へのおつきあい」を大事にしている、
 灯油補助の国費は50億しかないのに。
[PR]
by sinanoo | 2008-02-28 18:25 | おやじのたわごと
春の使者 福寿草
e0104596_21562133.jpg

 まだ雪が残り、寒風がふく日高線の線路の脇の土手で、寒そうに咲く可憐な福寿草をみつけました、
e0104596_22111590.jpg


例年より10日ぐらい早いでしょうか、雪がすくなく、日照時間がながかったせいでしょうか、
 福寿草をみつけると、ホットします、春がすぐそこまで来ているのですから。
[PR]
by sinanoo | 2008-02-21 22:11 | つれづれ
冬の風物詩 チカ釣り
e0104596_14315739.jpg
e0104596_1431386.jpg

     浦河港  08/02/8
浦河港のチカ釣りが、大漁にわいています。

北風のつめたい岸壁には、地元の室蘭№、それに札幌、帯広№の車が50台ちかくずらりと並び、岸壁には釣竿が林立しています。

チカは群れで湾内を回遊するので、釣るポイントによって成果が違い、早朝からよいポイントを求めて釣り人が集まってきます。

一人で3本ぐらいの竿をだしているので、1本に3,4匹かかったら大変です、一人で400~500匹釣る人もいるそうで、どうするのか人事ながら心配です。

いまのチカは、大型で、フライやてんぷらにして食べるのが定番でしが、最近は刺身でも食べられています、淡白な味ですが、小骨が多いのでさばくのがたいへんです。
[PR]
by sinanoo | 2008-02-09 15:17 | うらかわ いろいろ
春のいぶき 3題
  ふきのとう
 浦河、望洋の杜まだ雪が残っていますが、南向きの土手、枯れた雑草にかくれるように、顔を出した春の使者ふきのとう、一番早くでる山菜です。
e0104596_21593313.jpg

 冬眠からさめた熊が最初にたべるのが、ふきのとうだとか、体お整える効果があるそうです。

ふきのとう の苦味はアルカロイドという成分で肝機能を強化し、疲労回復をたすけ、脂肪や老廃物体のそとに出してくれる、働きがあり、春にふきのとう を食べると冬の間にためこんだ脂肪を排出できるという、人間にとってありがたいものです。

 北海道ではあまり食べられていない ふきのとう ですが東北や信州での定番、「ふきのとう味噌」の作り方。

 ふきのとうはあまりひらいていないものを選び、熱湯でサットゆでます、ゆでると香りが飛びますので、私は生のまま使います、ゆでたふきのとうは水にさらし一晩おきます、

よく絞ってみじんぎりにします、フライパンにサラダ油をひきみじんぎりにしたふきのとう入れ、さっといため、みそ 酒 砂糖を加えいためます。

独特の香りと、ほろ苦さが春の味です。
保存食で瓶に入れ、冷蔵庫で保存すると2ケ月はもちます、せっかくの春一番の山菜、試してみてください。

  ネコヤナギ
 真っ白な花穂をひらいて、寒風に耐えながら春の訪れを待ちわびています、浦河町昌平町でみつけました。
e0104596_22394395.jpg
 

  柏の芽
 寒風にさらされながらも、木の芽がふくらんできました、春を待ちわびている風情ですね。
e0104596_22433349.jpg

  望洋の杜で
[PR]
by sinanoo | 2008-02-08 22:45 | つれづれ
凍てつく浦河海岸
 今年の浦河はシバレる、真冬日が18日、浦河に移り住んで24年はじめての経験です。
「寒さが空から真っすぐ地上に降りてくる」三浦綾子の小説の一文のような、シバレを体験しました。
e0104596_12154782.jpg

e0104596_12164987.jpg


厳冬の朝の海岸、砂浜で遊ぶゴメ、カラスも寒さにふるえています、打寄せる波が氷のしぶきのようです。

e0104596_1226183.jpg

e0104596_12264147.jpg


 節分をすぎ、暦のうえで「寒」はおわりです、
 そろそろ春のいぶきを探しにでかけます。
[PR]
by sinanoo | 2008-02-06 12:34 | うらかわ いろいろ
百葉箱 (ひゃくようばこ、ひゃくようそう)
 死語になった言葉が多くあるように、わたしの子供のころ目にしていたものが、消えてゆきます。

TVでわたしが小学校のころ、校庭の隅にあった百葉箱をみて、懐かしくなり、町内で探しました、学校ではすでに撤去されており、みることはできませんでした。

それでは、と丘の上にある、浦河測候所に行ってみましたが百葉箱はありません、職員のかたに訊ねところ、

1993年1月気象庁は、自動観測機器の普及にともない百葉箱での観測を廃止した、廃止後職員がボランテアで、補修や、維持管理にあったてきたが、老巧化が進むにつれ維持管理が難しくなり、撤去した。 とのことでした。
 学校でも、老巧化がすすんだため、撤去せざるをえなかったのでしょう。
e0104596_1818496.jpg

 
 探しあぐねていたところ、思わぬところで見つけました、JR日高線浦河駅の構内に設置されていました、かなり老巧化していましたが、そっと中を覗くと温度計湿度計それに気圧計がはいっていました。

 駅員さんに尋ねたらいまでも現役で、朝、昼、晩と1日3回観測して本社にデーターを送っており、大きな駅では自動観測ですが、ローカルな駅では駅員が観測しています。
e0104596_1832522.jpg
e0104596_1920369.jpg


  百葉箱のこと
 フリー百科事典 ウィキペデアによると、百葉箱は、八重の花びら、牛や羊の胃袋のことで、風しをよくするために、格子がよろい戸になっており、このヒダヒダが牛の胃袋に似ているところから名ずけられた。

 百葉箱による気象観測は1953年に理科教育振興法が施行され、文部省が奨励したこともあって、第二次世界大戦以前から小学校に百葉箱が設置され、気象観測が行われていた。

 廃止されてゆく百葉箱が、ヒートアイランドの実状把握のため、東京都内に設置されるようになった。
[PR]
by sinanoo | 2008-02-03 19:17 | つれづれ