温泉めぐりと神話への旅 
by sinanoo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
浦河の神社
神社紀行
うらかわ いろいろ
つれづれ

ふるさと信州

素敵なお店
60歳代のPC塾
馬 牧場
おやじのたわごと
花 木 自然
菜園日誌
LIVE
未分類
未分類
以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
フォロー中のブログ
++ うららの里のブログ ++
うまきちの『勝手にかわら版』
==  リンク集  ==
最新のトラックバック
環境 リンク集
from 環境 リンク集
感謝をこめてプレゼント
from 無料プレゼントいたします。
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
旅のお供に!
from 観光総合ガイド
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
スキーとスノーボードの情..
from 雪山小僧♪
紅葉映える 天馬街道
from ++ うららの里の 地域情報..
競馬は文化だ。シリーズ3
from うまきちの『勝手にかわら版』
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:菜園日誌( 24 )
菜園直売所を開設しました
今年からはじめたハウス栽培の成果でしょうか、予想を超える収穫で供給過多になりました。

近年生産者が直売所を開いたり、コンビニ、生協が野菜売り場に「ごきんじょ野菜」のコーナーを設けて生産者の顔の見える野菜を置くようになり、消費者の安心野菜えの需要が高まってきています。

それにあやかって当菜園でも大通5丁目の国道に面した露地に机一つの「ワンコイン野菜」一袋100円の無人の直売所を開きました。

e0104596_11392376.jpg
運営は知人に委託して「火・水・木」の3日間で屋根がないので雨降りの日はお休み、カラスのいたずらを防ぐため野菜はダンボール箱に入っています。(店の形態はなしていませんが)

野菜の種類が少なく、野菜の生育によって販売数も安定しなということもありますが、量は他店に比べて30%ぐらい増量しているそうです。

一番の売りは「無農薬野菜」です。
[PR]
by sinanoo | 2010-09-08 20:58 | 菜園日誌
トウキビ全滅
茹でてもよし、生食でも美味しいフルーツ系のトウキビ「バニラッシュ」を今年試験的に栽培しました。
順調に生育し収穫予定の前日にカラスの軍団の餌食になりました。

e0104596_221042.jpg
e0104596_2214264.jpg
近くの畑のトウキビには目もくれずに甘いバニラッシュだけを狙ったようです。

カラスを目撃して連絡してくれた人によると、数十羽のカラスがいたそうです。

翌日の畑は60本ぐらいあったトウキビの無残な姿でした。
残ったのは僅か4本で、カラスのお情けでしょうか。

カラスを甘く見て、カラス対策を取らなかった私の失敗ですね。
でも昨年までは被害がながったのですから。
[PR]
by sinanoo | 2010-09-06 21:44 | 菜園日誌
10"日高山脈菜園 作男日誌(6)ミニトマト アイコ
今年立ち上げたハウスで栽培を始めたプラム形のミニトマトアイコの収穫がやっと本格化しました。

苗造りの遅れで出遅れましたが、ここに来て収穫も順調です。収穫は10月上旬まで続きます。

e0104596_2233814.jpg
e0104596_2234758.jpg
5年位前から栽培が始まったアイコ、その魅力は味の良さ、パリットした食感の良さと果肉の厚さ、後味の良い爽やかな甘味が売りものです。

加熱調理しても色や味は変わらず生食と両方に使える利点があります。

菜園のある上杵臼は標高150メートルで今年海岸沿いで連日発生したガスの影響も受けずに日照も充分で、日中と朝夕の気温の差が10℃を越えるために甘味は抜群です。

e0104596_22565181.jpg
当菜園のアイコを使ったトマトみそソースで「鮮魚と夏野菜のタジン鍋」が大通5丁目の「お料理松山」で「日高路 うまいもの味くらべキャンペーン」メニューとして提供されています。
[PR]
by sinanoo | 2010-08-31 22:21 | 菜園日誌
10”日高山脈菜園 作男日誌 (4) ハウス栽培順調です
6月は記録的な猛暑でしたが7月は天候不順で曇りや雨の日が多く、日本気象協会によると浦河では日照時間が平年値120・6時間の半分62・8時間で過去最低を記録しました。

こうしたなか日照が必要なコンブ漁への影響が心配され、軽種馬の飼料となる一番牧草も例年であれば7月下旬には収穫が終わっているはずが、日照の関係で今年は刈り入れができずに遅れています。

e0104596_17142449.jpg
今年からはじめたハウス栽培、天候不順にもあまり影響されずに順調に生育しています。

e0104596_17175657.jpg
今年はじめて手がけたイタリアン系のトマト アイコ移植が遅れたこともあってまだ収穫できません。
オーナーが8月からのメニューにアイコを使った料理を提供する、と雑誌などに掲載しましたがだいぶ遅れそうでヤキモキしているようです。

このアイコ3メートル位まで生長して沢山の実をつけます。
10月のはじめまで収穫できます。 これからが楽しみです。

e0104596_17361752.jpg
主力のナスは連作の心配もありましたが実をつけはじめました。昨年までの露地栽培と違い形、色とも勝ります。
ハウスの威力を痛感しています。

e0104596_17433478.jpge0104596_1744779.jpg
隣のハウスではこれも今年はじめてのスイカ栽培、艶のあるスイカが生育して、収穫が楽しみです。
[PR]
by sinanoo | 2010-08-03 16:55 | 菜園日誌
10”日高山脈菜園 作男日誌 (3) アエル分園
西舎に日高山脈菜園の分園ができました。

上杵の菜園に2棟のハウスを建てたために耕作面積が従来の4分の1になり、露地栽培のスペースがなくなりました。
ハウス横にある30坪の敷地を借り受けてかぼちゃだけはかろうじて作付けしましたが、大根、じゃがいも等露地栽培作物は西舎にある、町の体験農園に80坪の区画を借り受け作付けしました。
e0104596_1962236.jpg
e0104596_197157.jpg

このアエル体験農園は1区画15坪前後で110区画あり、若い人からお年寄りまでいろんな世代のの人達が野菜作りを楽しんでいます。

ここもごたぶんにもれず鹿が出没、種を蒔いた畝などを踏み荒らし、生長した野菜を食い荒らしています。
各自畑の周りに網をはりめぐらして被害をくいとめようとしています。
まさに鹿との知恵比べです。
e0104596_19335676.jpg
「鹿立入禁ズ」ユーモアたっぷりの立て札をみつけました。
鹿にトウキビの葉を食い荒らされおもいあまっての立て札です。ご当人「鹿だって文字位読めるべ」

「あらいぐま」 野生化して繁殖し周辺の林の中にかなりの頭数が生息しているようです。
トウキビが大好物で網をかいくぐって収穫寸前の実を失敬してゆくそうで、昨年は農園のトウキビはほとんど収穫できなかったそうです。
そのせいか今年は作付けが減っているようです。

町ではアライグマの捕獲機を設置していますが成果はゼロとのことです。
[PR]
by sinanoo | 2010-07-10 19:53 | 菜園日誌
10”日高山脈菜園 作男日誌(2) ハウス出現
菜園に幅6.5メートル長さ23メートルと35メートルの2棟のハウスを建設中です。

e0104596_18365253.jpg
e0104596_18372016.jpg
地主さんとオーナーの意向で今年からハウスでの野菜栽培に切り替えることになりました。

昨年まで3年間湧き出してくるような石と雑草と戦い。どうやら土地も肥えて収穫量も上がってやれやれとおもった矢先の経験のないハウス栽培への転換で、業者からはハウス栽培の成否は管理が8割などと脅され、ちょっとノイローゼ気味です。

ハウスの建設は雪どけが遅れたために着工が大幅に遅れ、その上、うねりのあった畑を平坦にするためにブルトーザーをいれてはつったり埋め立てたりの大工事の末やっと骨組みができ、ビニールを張り開閉用のモーターを取り付けて完成するのは5月の中頃でしょうか。


ハウスで栽培する野菜はトマト、ナス、ピーマン、ラデッシュ.葉物に限定されるために菜園主力の大根、ジャガイモ、人参、かぼちゃは別に借り受けた畑で栽培することになりそうです。

年々年老いる作男1人で2ヶ所も管理できるのか、自信はありませんが力尽きたら投げ出す覚悟で始めましょう。
[PR]
by sinanoo | 2010-04-29 22:29 | 菜園日誌
10"日高山脈菜園 作男日誌 (1)
e0104596_16443692.jpg
今年も野菜作りの準備作業をはじめる時期になりました。
例年この時期雪がない菜園、いまになっても20cmの雪が残っています。
今年は平年を大幅にこえる降雪量としばれ、4月にはいってからもマイナスの気温がつづき雪どけが遅れています。

今年は美味しい野菜作りをめざして土壌改良を試みようとおもっていますが、雪が溶けず畑にもはいれません。
遅れを取り戻そうと融雪剤を散布しました。

e0104596_17143825.jpge0104596_17243887.jpg
苗作りも昨年より2週間遅れて発芽用のビートバンに種を蒔き部屋の温度を25度まで上げて発芽をうながしています。
部屋の中はビートバンで一杯です。

今年はじめて栽培する人気のミニトマト アイコが発芽しました。トマトは光りを好むので日当りが充分でないと徒長するので日当りのよい場所に移して本葉がでたらポットに移植します。
e0104596_17372530.jpg

なす、ピーマン、ししとう、とうがらしもやっと小さな芽をだしてくれました。
[PR]
by sinanoo | 2010-04-07 17:43 | 菜園日誌
作男のつぶやき
正月3日半月ぶりに菜園に行ってきました。
真っ白な雪が40センチ。畑がすっぽりうまっていました。
雪の上に鹿、きつねの足跡が点々と続き幾何学もようを描いています。
3月末の雪どけまで、私作男も畑も冬眠。

 いつも思うこと
やさい畑は 家のそばがいい。朝げのみそ汁、夕げのあえもの、そのつどちょっと摘んで、すぐにいただく、おいしいですよね。
それに朝夕涼しいときにちょっとした合間をみて、野良仕事ができる。

それなのに 畑は遠い。上杵臼のそれも奥、車で往復1時間。毎日行けるわけでもなく 週2回ぐらい 時間が足りないので朝6時起き 農作業時間は夏場で10時間、 日暮が早い秋口は7時間

無心に畝を作り、こまかい飛ばされそうな種をまき、ときおり顔をみせるきつねに見守られて、無心に草をとる。

かぼちゃ じゃがいも 大根 人参 なす ぴーまん ししとう ラデッシュ ほうれん草 小松菜 大葉 いんげん さやえんどう とうきび レタス パセリ 野沢菜 枝豆 しそ。   
収穫しだいオーナーに献上。 それにお隣さんや友人におすそ分け。

ひとあし先にカラスがとうきびを食べ、ハトが食べる。なすやぴーまんも美味しくなったころにカラスか鹿が食べる。

汗して。 疲れて。おにぎり食べた 山の畑。春までさようなら。
[PR]
by sinanoo | 2010-01-04 18:26 | 菜園日誌
09 日高山脈菜園 作男日誌 (6)
紅葉も終わり、菜園をかこむシラカバの木々も葉を落とし始め、骸骨をおもわせるようなシラカンバの木々が山肌に浮かび上がってきました。

10月中頃から飛び始めた白い綿をつけたユキムシ、今日 大量に飛んでいました、目をこらすと粉雪が舞っているようです。
短い秋も終わり雪が舞うきびしい冬がすぐそこまで来ています。

今年の菜園は終わりです。

e0104596_174768.jpg
e0104596_1752364.jpg

7月の多雨と低温の影響で収穫量が予想を大幅に下回りました。
順調な作柄とおもったジャガイモは粘土質の土地のため多雨で水はけが悪く、半分以上が腐り、今年こそはと期待していたカボチャも受粉時期の雨で雌花に雨水がたまり、受粉できずに、70本植え80個の収穫でそれも小玉で予想の3割とさんざんでした。

隣で野菜づくりを長年てがけている、おばあちゃんもジャガイモ カボチャ  大豆 小豆 トウキビなどがあまりにも不作で「嫁に来て畑をはじめて60年、こんなことはじめて」と嘆いていました。

畑に残っている野菜は例年なら収穫が終わっている大根、今年は10月はじめから最低気温が-2℃を超える日が多く成長が遅れてもうすこし様子を見ようとおもっていますが、このところの低温でこれ以上はのぞめそうにもありません。

野沢菜は霜や雪にあたると甘味がますので11月末までのこしておきます。

作男を引き受けて3年目、今年こそはと意気込んだのですが天候不順(言い訳にもなりますが)で今年も赤字でしょうね。

半年間精魂込めて耕した1反歩の畑につもる落葉をみていると「作男が夢のあと」そのんな心境になります。
[PR]
by sinanoo | 2009-10-31 20:25 | 菜園日誌
09 日高山脈菜園 作男日誌(5)
2週間ぶりのおしめりです。

夜半からの雨、中杵臼のアメダスによると雨量は56ミリ。
カラカラに乾いた菜園にとっては待望の降雨量です。

アマガッパをきて野菜の顔をみにでかけました。

e0104596_21161281.jpg

収穫の最盛期のナス、ピーマン雨にぬれていきいきとしています。
明日からまた気温も上昇し平年を上回るとの予報。
高気温がたよりないまの時期の野菜です。

成長が楽しみです。

e0104596_21302712.jpge0104596_21341685.jpg 
[PR]
by sinanoo | 2009-08-13 20:30 | 菜園日誌