温泉めぐりと神話への旅 
by sinanoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
浦河の神社
神社紀行
うらかわ いろいろ
つれづれ

ふるさと信州

素敵なお店
60歳代のPC塾
馬 牧場
おやじのたわごと
花 木 自然
菜園日誌
LIVE
未分類
未分類
以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
フォロー中のブログ
++ うららの里のブログ ++
うまきちの『勝手にかわら版』
==  リンク集  ==
最新のトラックバック
環境 リンク集
from 環境 リンク集
感謝をこめてプレゼント
from 無料プレゼントいたします。
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
旅のお供に!
from 観光総合ガイド
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
スキーとスノーボードの情..
from 雪山小僧♪
紅葉映える 天馬街道
from ++ うららの里の 地域情報..
競馬は文化だ。シリーズ3
from うまきちの『勝手にかわら版』
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:馬 牧場( 6 )
馬とタンポポ
遅咲きの八重桜がのこる優駿ロードにそって広がるJRAの牧場。
タンポポが一面に咲く中に馬がゆったりと草を食んでいます。e0104596_16111573.jpg
e0104596_16115431.jpg

タンポポはほとんどが西洋タンポポですが優駿ロードの土手に在来種のエゾタンポポをみることができます。
e0104596_16162761.jpg

日高連峰の山肌には残雪がみられます。 山肌が緑におおわれるのは7月に入ってからでしょうか。e0104596_16212134.jpg
[PR]
by sinanoo | 2010-06-03 22:04 | 馬 牧場
一番牧草の収穫におおわらわです
7月の記録的な長雨で3日連続で晴れないと刈ることができない競争馬の飼料となる一番牧草の収穫が遅れに遅れ、8月に入ってやっと晴れの日が続き、半月遅れの牧草の収穫におわれています。

作男をしている日高山脈菜園に隣接する上杵臼の育成牧場の牧草地の収穫の手順をながめていました。
牧場の朝は早い、6時頃から作業をはじめているとかで2日前に刈った牧草を機械でまぜあわせ、空気をいれてむらなく乾燥するように、何回も何回もまぜあわせていました。
炎天下の下、枯れ草の香ばしいにおいが広がっています。

e0104596_2317399.jpg

e0104596_2384249.jpg


ほどよく乾燥したあと、トラクターの後部に熊手のような機械をつけた「レーキ」よばれる機械で牧草を畝のように一列に集めます。
牧草地に長い乾燥した牧草の列が何列もつづきます。

e0104596_23112184.jpg

e0104596_23143073.jpg

次には「ロールベーラー」という箱型の機械が登場、広い面積と収穫量が多いので作業に合った専用の機械が必要で、これが重要な働きをする機械です。

「レーキ」で集められた牧草の畝の上を走り、箱型のタンクに牧草を集めて行ゆき、一杯になるとタンクの後部が開いて牧草の固まりがロール状になってさながらニワトリが卵を産むようにゴロンとでてきます。
ロール直径はⅠ・8㍍重さは350㌔あるそうです。

e0104596_2332457.jpg
e0104596_23332118.jpg


広い牧草地にロールがあちこちに点在して、北海道の風物詩です。
このロールをトラクターに付けたフォークで車に積み牧場まで運びます。

e0104596_23384398.jpg


この牧草地、上杵臼では数少ない16haの広さですが作業のすべてが機械で私が数えたところ作業員は8人でトラクター6台にトラック2台、各作業が終わると機械は時間を惜しむように順次つぎの牧草地に移動して、広い牧草地に人影がなくなったのは16時でした。
[PR]
by sinanoo | 2009-08-08 23:55 | 馬 牧場
さくらと「とねっこ」の風景
浦河優駿ビレッジアエルに通ずる道々に面した西舎の牧場、さくらを背景にこの春にうまれたとねっこがスクスクと成長し、元気に走り回っています。

母馬に甘えたり、とねっこどうしではしゃぎまわったり、つかれはてて寝そべったりで見ているだけで時のたつのを忘れます。
元気に育って、G1ホースになって。
e0104596_2243153.jpg
e0104596_22451318.jpg
e0104596_22493831.jpg


e0104596_22461877.jpg
e0104596_22542988.jpg
e0104596_2257196.jpg


[PR]
by sinanoo | 2009-05-14 23:00 | 馬 牧場
門別競馬場 観戦体験記
今季のホッカイドウ競馬をしめくくる門別競馬場に、浦河町のホッカイドウ競馬送迎バスツアーに参加して、はじめてのホッカイドウ競馬を楽しんできました。

ホカイドウ競馬は多額の累積赤字をかかえており、道は2010年までに単年度黒字化を目指していますが、達成できない場合は存続は行わない方針をうちだしています。
ホッカイドウ競馬の存続は、馬産地日高の経済に大きな影響を与えるため、道をはじめとして関係町村が存続にかけての取り組みがはじまています。
e0104596_14254477.jpg

役場前を8時半出発、10時競馬場着、ゴール板が出迎えてくれました。
e0104596_1430860.jpg 
広い競馬場にまずびっくり、入場門からスタンドまで350メートルの間を15人乗りのバテリーカーが往復しています、歩いてもいいのに、と思いますがこれも観客動員の一環とか。

e0104596_14422286.jpg
1997年にオープンした収容人員500人と云う日本で1番小さいスタンドです。
2009年から旭川からの撤退でホッカイドウ競馬の開催が札幌と門別に集約されることもあって、1500人収容のスタンドを増設しナイター設備も備え開催の中心となります。
e0104596_14534089.jpg
馬場全景 競馬場の必需品電光掲示板、旭川競馬場で使っていたものだよなー、とフアンの1人がつぶやいていました。
e0104596_1552167.jpge0104596_155548.jpg

スタンドのすぐまえにパドックがありびっくりです、馬がすぐそこにいます、移動しなくてもいいので有難いですね。
e0104596_1515195.jpg
  ホースシューズ
スタンドの横にある広場でフアンサービスの一環として行われていました。
馬蹄を模したホースシューズを杭にむかって投げ、杭に引っかかればOK です。古代ローマ、ギリシャで盛んだった競技だそうです。
私も挑戦しましたが練習2回、本番2回とも距離感はよかったのですが失敗、日高昆布を頂いてきました。
e0104596_15283735.jpg

広場の売店では日高町産のねぎ、しいたけ浦河船越谷水産のかまぼこ等が販売され、ホッカイドウ競馬を応援する学生グループが馬、騎手、調教師えの応援メッセージを募集していました。

e0104596_15434915.jpg
      迫力満点、ゴール前の叩きあい

e0104596_15484549.jpg
秋の入日はつるべおとし、最終レースは夕焼けを背にファンタジテックなレースでした。

今日はJRA交流競走、北海道2歳優駿ステークスが開催され、武豊、福永友一など人気ジョッキーが騎乗することもあって、来場者は今季最多の1200人と門別競馬場の収容人員500人を大幅に上回り、発売金額も1億9千300万と今季最高でしたが、計画金額には届かなかったようです。
あと6開催なんとか巻き返してもらいたいものです。
28年ぶりの競馬場、馬券も買ってわくわくしながらの競馬観戦、楽しませてもらいました。


馬の好きな友人は「馬は文化だ」日本ではギャンブルだけの為に馬を走らせている、これでは馬の文化は育たない、JRAそのものに問題がある」と云っていますが。
[PR]
by sinanoo | 2008-11-09 16:23 | 馬 牧場
日本ダービー馬 デープスカイのふるさと 笠松牧場
e0104596_18374521.jpg


 日本ダービー(東京優駿)を制したデープスカイのふるさと、笠松牧場は浦河町東栄、国道236号線を山側に入ったところにあります。


 廃業した牧場を買い取り創業20年での、ダービー馬の誕生、まさに最速での栄冠です。

 
e0104596_18482080.jpg

                    牧場 全景
e0104596_18503546.jpg

                    厩舎

 小高い丘が重なるように広がる55ヘクタールの牧場に、18頭の繁殖馬を9人の従業員で世話をしています。

 デープスカイの父は、2001年に弥生賞、皐月賞を勝ったあと、浅屈健炎を発生し引退『幻の三冠馬」とよばれた「アグネスタキオン」  母は繁殖馬として輸入された「アピ」で今年で13歳になります、デープスカイは「アピ」の日本での出産、2頭めの仔です。

 「アピ」には会えなかったのが、心残りでしたが、今はみごもっているそうです。
e0104596_1984228.jpg
e0104596_19324482.jpg

 現在牧場には、2歳の「タイキシャトル」の牡馬、当歳でマンハッタンカフェの牡馬がおり、活躍が期待されています。

e0104596_19281938.jpg

      お祝いに贈られた花で 応接間は一杯です。
 
[PR]
by sinanoo | 2008-06-11 19:43 | 馬 牧場
馬だって寒いんです
 日高連峰もすっかり雪をかぶりもう真冬です。
浦河の牧場は、まだ積雪はしていないものの、寒風ふきすさぶ寒い毎日です、

放牧地をまわると、馬服を着用した馬がめにつくようになってきました、牧場関係者の話では近年、馬服を着用した馬が増える傾向にあるとか、詳しい数字ではありませんが、三割ぐらいは着用しているそうです。
e0104596_18113665.jpg
e0104596_18111515.jpg


 馬は自分で毛を着替えます、夏は毛が短く涼しそうな格好と、褐色の精悍な姿ですが冬になると、寒さに適応するために、「冬毛」といって毛がムクムクとなってきます、格好が悪いので馬服を着せて、冬毛を押さえたり、また冬毛が伸びるとトレーニング中に汗をかき、馬にとってストレスになるのではないか、寒さで馬のエネルギーが発散するのを抑えるために、馬服を着用させるようです。

 牧場によっては寒さに慣らす為、馬服を着用させないで、自然に環境に順応させ、あまり過保護にしない、というところもあります。

 とはいっても、馬だって寒いんですよね。

そういえば昔、子供は風の子といって真冬でも、寒い中、外で遊んで丈夫な身体をつくったもので、過保護にはしないほうが、いいといったものですが。

 馬服って意外に地味な色柄です、もっとカラフルでデザイン性の高いものにしたら、みる側にとっては楽しいでしょうね。

 
[PR]
by sinanoo | 2007-12-12 18:48 | 馬 牧場