温泉めぐりと神話への旅 
by sinanoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ごあいさつ
浦河の神社
神社紀行
うらかわ いろいろ
つれづれ

ふるさと信州

素敵なお店
60歳代のPC塾
馬 牧場
おやじのたわごと
花 木 自然
菜園日誌
LIVE
未分類
未分類
以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
フォロー中のブログ
++ うららの里のブログ ++
うまきちの『勝手にかわら版』
==  リンク集  ==
最新のトラックバック
環境 リンク集
from 環境 リンク集
感謝をこめてプレゼント
from 無料プレゼントいたします。
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
旅のお供に!
from 観光総合ガイド
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
スキーとスノーボードの情..
from 雪山小僧♪
紅葉映える 天馬街道
from ++ うららの里の 地域情報..
競馬は文化だ。シリーズ3
from うまきちの『勝手にかわら版』
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
伊勢神宮 (1) 縁起と祭り
 5月中旬おもいたって天皇家の神社、伊勢神宮を訪ねてきました。
台風4号の影響で雨、2日目は大荒れとの予報を聞き1日目に広い内宮、2日目に外宮(げぐう)と、別宮、きめられた参拝の順序を逆にまわってしまいました。

神様怒っているかな。
e0104596_1936486.jpg

                宇治橋
 伊勢神宮の正式名称は「神宮」で神社本庁の本宗(ほんそう)とされ、神道の神社では別格とされ格付けはありません。

 建物は正宮
     皇大神宮   内宮  祭神 天照大神
     豊受大神宮 外宮  祭神  豊受大御神
 を中心に別宮(官号を宣下された社で正宮についで重んじられている)14社、摂社43、末社24、所管社34、別宮所管社8、計125社が伊勢、松坂、鳥羽の三市、渡会、多気、志摩の三郡にわたって、鎮座しています。

  伊勢神宮の縁起
 「日本書紀」「皇大神宮儀式帳」によると、神宮の祭神である天照大神は皇居に祀られていたが、10代の崇神(すいしん)天皇の時代に疫病がはやり、人々が不安におののいて暮らしていました。

 天皇はまつりごと「祭、政」に誤りがあるのではないか、と考え、占いの結果も考えて天照大神を祀る場所を皇女豊鋤入姫命(とよすきいりひめのみこと)に命じ皇居外にうつしました。

 次の垂仁(すいにん)天皇のとき、皇女倭姫命が天照大神の鎮座する場所を求めて巡幸の旅にでます、
 「皇大神社儀式帳」によると、足跡は大和、伊賀、近江、美濃、伊勢と14ヶ所ににおよびます。

日本書紀によると、各地をまわったあと、伊勢の地で天照大神が倭姫命に伊勢の国は「うまし国」なので「この国にしよう」云ったと伝えられています。

 現在の地に祠をたて鎮座したのが紀元前5年、約2000年前のことです。

巡幸した地は元伊勢と呼ばれ、神社がたっていますが、これは史実ではないとするのが、一般的な解釈です。この地の多くはのちに伊勢神宮の荘園になっていることから、これらの地域は権威づけのために創作されたものと解釈されています。

   伊勢神宮の祭り 伊勢神宮式年遷宮広報本部公式ウエブサイドによると
 神宮の祭りの本義は、天皇が御親から皇祖天照大神をおまつりされるところであります。それは、神勅にもとずき第10代崇神(すいしん)天皇の御世までは皇居内で、また皇居をはなれた役2000年まえからは伊勢の地でどの時代も皇室の弥栄、国家の安泰、国民の平安、五穀豊穣を祈るお祭りがかわることなくおこなわれてきました。

 そのことは、かって斉内親王が天皇に代わって神宮にお仕えになりになり、現在では、祭主が天皇の御手代(みてしろ)としてお仕えになっておられることからも理解できるこよでしょう。
 このように神宮の祭りは常に歴代天皇のみ心を体して続けられているのです。

 すなわち神宮は天皇家の神社であるということです。

 神宮は古代から政治権力と結びつくことが多く、1930年~第二次世界大戦では、明治憲法で信仰の自由が規定されているにもかかわらず、「神道は宗教ではない」という解釈に立って国家神道は憲法の「信仰の自由」とは矛盾しない、強弁し、国家神道として、神社崇拝の強制度をつよめてゆきました。

 さらに官国弊社の造営に公金を投じ、国民に神宮大麻(おふだ、お守り)をなかば強制的に買わせ、
国家神道は戦争遂行の精神的支柱となってゆきました。

                         引用   HOMETOWN  HOMPAGE
                               wikipedia

                               伊勢神宮 ホームページ
このページは書きかけです
                           


 



  
[PR]
by sinanoo | 2008-05-28 21:50 | 神社紀行
<< 伊勢神宮 (2) 変遷、皇大神... 浦河金毘羅神社 (総本山金刀比... >>