温泉めぐりと神話への旅 
by sinanoo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
浦河の神社
神社紀行
うらかわ いろいろ
つれづれ

ふるさと信州

素敵なお店
60歳代のPC塾
馬 牧場
おやじのたわごと
花 木 自然
菜園日誌
LIVE
未分類
未分類
以前の記事
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
フォロー中のブログ
++ うららの里のブログ ++
うまきちの『勝手にかわら版』
==  リンク集  ==
最新のトラックバック
環境 リンク集
from 環境 リンク集
感謝をこめてプレゼント
from 無料プレゼントいたします。
沖縄情報
from 太陽と海の楽園♪沖縄
旅のお供に!
from 観光総合ガイド
スキー&スノーボードの情..
from 雪山小僧
スキーとスノーボードの情..
from 雪山小僧♪
紅葉映える 天馬街道
from ++ うららの里の 地域情報..
競馬は文化だ。シリーズ3
from うまきちの『勝手にかわら版』
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ふなだまさん (船霊 船玉 船魂) 
正月11日はふなだまさん浦河の港は繋留された多くの船が日の丸、屋号や大漁旗を掲げて、海の守り神、船霊を祀る船霊祭を行い海の安全と豊漁を祈願しました。
e0104596_18333115.jpg
船霊とは海の民が航海や漁の安全を願う海の守り神で「板下一枚は地獄」と云われる漁なので、船を新造して海に下ろすときに船を造った大工の棟梁が、帆柱の下に漁の安全と豊漁を祈願して船霊を祀ります。

御神体を置くときは男女1対の紙人形、銅銭、女の毛髪、賽2個等で魔よけお守りの役目をはたすとされていますが、目にふれることはありません。
近年では寺社から御札を授かり機関室に納めることが多いようです。

e0104596_18493298.jpg
船霊祭は古くは船主の家に乗組員が集まり神事のあと宴が開かれ、そのあと繁華街にくりだしたものですが、最近では街の飲食店で会食したり、温泉に行ったり、乗組員に料理の折詰、酒や菓子などを渡して各家庭で祝うようになってきています。

e0104596_197070.jpg
船霊信仰は邪馬台国の女王卑弥呼が魏に使節を送るときに持蓑と呼ばれる男を乗せて海の神船霊の祀り役としたとされ、古代からの信仰であったとおもわれます。

この神は女神であるとされ、女性が一人で船に乗ると憑かれたり、海が荒れたりするといわれ、その場合は一度船に乗ってすぐに降りてまた乗ると平穏な航海やできるといわれています。

左上の神社は先年訪れた大阪の住吉神社の摂社船玉神社です。
船霊神の由来ははっきりしませんが、住吉三神のながれを受けているのではないかと考えています。
[PR]
by sinanoo | 2010-01-12 09:30 | うらかわ いろいろ
<< 夕日を追って山から海へ 作男のつぶやき >>